ゆきどけ絵日記

50代の雑談

周囲を気にしすぎて行動できなかったあの頃

こんにちはこーりです 

世間体は気にしますか?

 

私の世代はまだ

少しでも変わった発言や行動すると

そんなことしたら人様から笑われると

言われる世代な気がします

私もそのように育ちました

地域差もあるかもしれません

 

 世間体の適量

母から

人からどう思われるか考えるように

そんな事をよく言われました

しかし

人から変な風に思われないように気にしすぎると

かえって変な風に思われること

につながったりもします

あまりにも本意でなかったり

自分の本質とは遠すぎる態度は

不自然な感じが出てしまうのでしょう

何事も適量ですね

 

同じ言葉でも人によって感じ方も反応も違うので

誰からもよく思われようとするのは

ちょっと無茶じゃない?と思いますが 

当時は子供だったのでモヤモヤする気持ち何なのかよくわからず

当然表現することもできませんでした

表現できたとしても

それはそれで怒られたと思いますが

 

f:id:kooritokka:20210727135937j:image

子供心に自分はしゃべるのが上手くないと思っていましたが

今思うと、弁がたたないがゆえに逃れた難も

あったかもと思う

 

今は

人に対してはそれなりの

礼儀をもっていれば

その後、人がどう思うかはその人の問題です

という考えです

大抵の場合は

お互いに人の事など

さほど気にしていないですよね

 

そして世間の誰か?は

何か問題が起きたときには責任を

とってくれるわけでもありません

 

 

世間体を気にしている時

 

恥ずかしいと言う気持ちが強かったのだと思います

自分の欠点や失敗を

恥ずかしいダメだと思う気持ちが

強ければ強いほど

隠そうとしたりごまかそうとしたりするので

周りにはそれを嘲笑したり

責めたりする人が集まり

そして自分自身も気にしがちです

 

その欠点や失敗を解決しようとすると

行動することになりますから

欠点や失敗を隠す事はできなくなります

そこを辛抱して乗り越えられれば良いのですが

 

恥ずかしいと言う気持ちが強いと

欠点や失敗は隠そうとする方向に向いてしまいます

 

そして行動的ではなくなります

 

若い時

行動することをやめてしまうことがありました

お金を使うことの罪悪感と

周囲にやいのやいのと言われるのが嫌で 

やめてしまったことがありました

 

しかし、お金もマイナスになるほど

使うわけではないですし

 

周囲も続けていると慣れてくるのか

飽きてくるのか

何も言わなくなるものです

今思うと私の覚悟も甘く

その甘さを周囲も見ていたのだと思います

 

恥ずかしさは

ほどんどの人が感じると思いますが

強く感じすぎて行動できなくなっている時は

誰に対して何について恥と感じているのかを

冷静に分析して

その誰かや何かと

自分のこれからどちらが大切か

損得勘定で割り切るのもありだと思います

 

恥ずかしさを乗り越えるのはいっときで

永遠ではありません

後から考えるとどうでもいいことだったなと思うので

さっさと乗り越えればよかったと思いました

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

怒りや不満の伝え方を考える

こんにちはこーりです

自分のこの気持ちを察してくれ、

と思う時があります

 

逆に 言葉で伝えてくれなければ

どうしたいのか、どうしてほしいのか

わからないよと思う時もあります

 

非言語と言語コミュニケーション

 

特に、人に伝えづらい

不満や怒りを伝えたい時

 

私もしたことがありますが

言葉では伝えずにそれとなく態度でしめす

というのは多くみかけます

 

不満が態度に出てしまうとき

 

  • その人が不満や怒りなどを言葉で上手く表現できないとき

 

  • 相手に言いたいことを言える環境や関係ではない

 

  • 言うことで波風が立ってしまうことの恐れ

 

たいていは強弱はあれど

どの理由もあるのではないでしょうか

 

言葉であらわそうが、態度であらわそうが

攻撃的だったり 

嫌悪感を持たれるような事で表現するのは

暴言、皮肉を言う、暴力

無視をする、あからさまに避ける、

周囲に悪口を言う、ふてくされる、

長い目でみると良いことは無いと思います

 

ましてや態度では

否定的か肯定的かぐらいの大まかなことしか

わからないですし

 

その関係を良い感じで

つづけたいとおもうのであれば

そういう方法はあまり

とらないのではないでしょうか 

無自覚で習慣になってしまっている場合もありますが

 

とはいえ

実際には話せば分かり合えるとは

とうてい思えない場合もありますので

何がなんでも言葉で伝えなければと

決めてしまうのも苦しいですね

f:id:kooritokka:20210723104741j:image

目力で要求する

 

むかし、失言をしてしまい

相手の方から

その言葉は頭にきます、というようなことを

と淡々と言われたことがあります

そしてその後、怒りは引きずらず態度も冷静

 

あの時のその方のように落ち着いて

言葉で相手に伝えることができればなと

思います

 

ただ相手に怒っているというのではなく

何に対してに怒りを感じたかを

具体的に伝えるのが肝心なのかと

思いました

 

怒りをおぼえたときは

ただむかつくという言葉で済まさずに

自分の気持ちを自分で具体的に

言葉として整理できれば

多少なりとも人に伝えることができるように

なるのではないでしょうか

 

「頭の中から出して言葉にする」

私にとってはブログを書くということが

この件に関しては練習になっている気がします

 

方法はひとつだけではない

私は以前は

怒りや不満をあらわすのは良くないことだ

と思ってきました

なので感情は抑えるの一択でした

 

やたらと怒りや不満をもらすのは

人が離れていく原因になりますが

しかし

あまり気持ちを抑えすぎると逆に自分が

人とつきあうのが嫌になってきます

 

怒りや不満のあらわしかたというのは

今までの習慣や環境によって

あまり考えずに反射的に

表現されているのではないでしょうか

 

今までのやり方よりも

もっと良い方法があるのではないかと

周囲の人を参考にしたり

自分で考えたりしてもよいかと思いました

 

今後も人と付き合う上で

これは怒るのも当然だろうと

思う出来事もありますし

それ以外にも言いづらいことを伝える場面も

出てきます

 

スルーしたほうが良い場合もありますし

言葉にして伝えた方が良い場合もあります

怒りや不満を覚えたとき

伝える方法をいくつか持っていたほうが

人間関係も円滑にいくような気がします

 

f:id:kooritokka:20210723105738j:image

全身で怒ります!

 

最後までお読みいただきありがとうございました 

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

 

違和感はどうするか

こんにちはこーりです

人に違和感を感じたり、状況に違和感を感じたり

自分の体に違和感を感じたりすること 

ってありますよね

 

違和感 【いわかん】 しっくりしない感じ 

また ちぐはぐに思われること

デジタル大辞泉

 

違和感が気になります

 

ちいさなことなど気にしない!

そんな感じの人がうらやましいと 

昔は思いましたが 

今思うとそれはそれで

デメリットもあるのだなと思います

 

小さな変化に気づかない

もしくは気づいたとしても

大したことではないと考えがち

そして

大したことではないと思いたい気持ちもあります

 

それでも

何事も起きないことの方が多いのかもしれませんが

まれに

何か大きな事件や事故が起きた時は

いくつかの不運な条件が重なって起きていたりします

 

そう思うと違和感は

無視してよいものでは無い気がします

 

とはいえ何もかも

気にしすぎて精神的にまいってしまっても

元も子もありません

 

手に違和感あり

もう10年以上になると思いますが

手のしびれが続く時がありました

 

整形外科では手根管症候群と診断され

今でもしびれていると思う時があれば

そうでもない時があります

しびれの場合は

気にするとよけい気になるので  

私はあまり考えないようにしています 

 

今はしびれが普通のことになってしまったのと

診断が出たことに納得をしたのもあり

しびれていることに

さほど違和感を感じなくなってしまいました

 

ほかにも

若い時は胃もたれが続くと気になりましたが

この年になるとそれは普通になってきます 

義母が

年齢が上がるほど、痛いところがあるのが普通なので 

気がめいるから

あまり痛いとか言わないようにしているそうです

 

※しかし症状がひどくなってきたり 

あまりにも続くようであれば

病院に行くことをおすすめします

 

違和感は落ち着いて観察する

人や場所などにも違和感を感じる時もあります

今までとは違うかすかな変化があったり

自分がもっている常識や

それらに対する期待との間に

ちょっとしたズレが

違和感を感じさせている気がします 

 

先程のしびれのように慣れて

受け入れてすんでしまうこともあれば

 

あとになって考えてみれば

いずれ問題がおこりそうなのを

うすうす察知していたのかも

と思うこともあります

 

あまりにも違和感を大きく捉えて

いろいろなことを疑ってみたり

心配しすぎたりして

生きるのも楽しくないですし

 

それでは

何も行動できなくなってしまいます

 

しかし

違和感を感じているのに

気にしない気にしない大丈夫

と自分に思い込ませ

 

のちに、おおごとになって

やっぱりあの時‥と

後悔したくもなく

 

違和感を感じた時はあわてず騒がず

落ち着いて状況を観察し整理する

工夫や予防できるところはする 

 

気にしたところで

変えられないものは気にしないようにする

 

とこんな感じで

気にしすぎでも

全く気にしないようにするでもなく

中庸をウロウロするしかないのだなと思いました

 

体調のことを含め

大抵の事はグレーゾーンで

今後の経過をみまもることがほとんどです

白黒はっきりの方がすくないのだなと思います

 

f:id:kooritokka:20210720142554j:image

グレーを見守ります

 最後までお読みいただきありがとうございます

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

クロトン雄花雌花が同時に咲く

こんにちはこーりです  

IKEAで買ったクロトン ですが

以前記事に書いた仮説ですが違っていました

雄株と雌株が一つの鉢に入っているのかもと

仮説をたてていました 

 

kooritokka207.hatenablog.com

 

クロトン 雌雄同株でした

雌花がしおれてしまった後

なんだか丸いのがついてるな

と思っていたら、つぼみでした

 

その後雄花が咲きました

 

同じ枝に咲いたので

雌雄同株です

 

f:id:kooritokka:20210713193228j:image

 

気温が上がりまさに開花時期なので

花(雄花)の数も勢いも違います 

左下:分かりにくいですが2か所で咲いています

どちらも雄花です

右下:5月終わりから6月始めにかけてに咲いた雌花

 

そして雄花雌花同時に咲く

 
雌雄同株が判明した数日後

雌花も咲き始めました

 

今回咲いた雌花は通常よりも小さめで

丸い部分とみつまたに分かれた部分

合わせて5ミリ弱でした

 

同じ株で雄雌に同時に咲くのを

見たのは初めてです

f:id:kooritokka:20210715110852j:image

左:上が雄花、下が雌花

右:雌花7/15に咲きました

 

流れをまとめますと

f:id:kooritokka:20210716114926j:image

①雌花咲く

②花は無し

③雄花咲く

④同時に咲いている

 

同時といっても雄花のほうはしおれはじめています

しかし

こんな事はもう二度とないかもしれないので

雄花をピンセットでつまんで受粉させてみました

 

地味に家の中にある観葉植物ですが

よく見てみると日々変化があるものですね

 

と言うことでクロトンの観察の話でした

本日もお読みいただきありがとうございました

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

賞味期限切れだったものの共通点

こんにちはこーりです

賞味期限切れの缶詰を見つけました

見つけついでに

他にも期限の切れたものはないか探してみました

 

焼き鳥の缶詰1つと

クックドゥー回鍋肉と豚バラピーマン

カップラーメン1つ

 

すべて夫が買ったもので

私が買ったものではありません

 

自分で買ってないものは

私の頭の中の計画外のものなので 

忘れてしまうのです

 

管理する人が不在の物

 

粗品や景品もそうですが

いただき物の食べ物も忘れがちです

 

なんの労力もはらわずに

いきなり手に入れてしまったからなのでしょうか

記憶からもれてしまうのです

f:id:kooritokka:20210713114417j:image

誰にも関心を持たれないものたち

 

昔会社の同僚からもらったお土産のお菓子を

冷蔵庫に何ヶ月も放置してしまったことがあります

 

それ以来いただいた食べ物は

気分も盛り上がっている旬のうちに

すぐに食べるようにしています


f:id:kooritokka:20210713114435j:image
大事にしすぎて食べ時が過ぎてしまう

 

賞味期限切れだったものその後

 

ラーメンは2021.7.7

クックドゥーは回鍋肉が2021年6月

上の2つはもう食べてしまいました

 

豚バラピーマンは2021年3月

焼き鳥の缶詰は2021年の3月

これも近々食べてしまうと思います

 

農林水産省のサイトを見ると

消費期限と記載されたものは

傷みやすい食品に記載されており

期限を過ぎたら食べないほうがよい

 

それに対して

賞味期限は過ぎても急に食べられなくなるわけではなく

食べる時は

大人の人と相談してから食べましょうということでした

キッズ向けのページでした

 

数年すぎたものを調理して

食べたという方もいらっしゃいます

しかしその家によって保存状況も違うので

一概に大丈夫とは言えません

 

企業や公の期間のHPなどををみましたが

賞味期限は過ぎても

急に食べれなくなるわけではありませんが

できれば早めに食べましょう

古いものは自己責任で召し上がってください

そんな感じでした

 

結局のところ賞味期限が過ぎたら

自分の五感で感じとり

よく考えてから判断しましょう

ということかと思いました

 

たとえ大丈夫だったとしても

古くなるとやはり風味が落ちるものです

その食べ物が一番おいしいうちにに食べたいですね

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

引っ越しは計画的じゃなかった

今週のお題「住みたい場所」

こんにちはこーりです

住みたい場所はどこかと考えてみたのですが

思いついたのは

 

京都に何ヶ月か滞在して神社仏閣などを

ゆっくり見て回りたい

パリに長期滞在して

美術館をじっくり見て回りたい

 

そう思ってふと気がつきました

 

それは、そこに住むというより

長期旅行じゃないの?

f:id:kooritokka:20210709121249j:image

京都の伊根町の舟屋

一階に船があり、そこから船がでます

 

 

引っ越したい願望が減った

 

つまりは今

大規模に生活拠点を移したいとは

思っていないのです

 

若い頃はいろいろなところに住んでみたいと

思っていたのですが

 

年齢のせいなのか

あまり刺激を求めなくなったのか

平穏無事な生活がありがたい

そう思って暮らしてます

 

うろおぼえですが以前読んだ本の文章に

人間も植物と一緒で

 

植物の鉢植えをする適切な時期があるように

人間も引っ越しをする

適切な時期がある

と言うような内容を読みました

 

そして歳をとってくると

新しい環境に馴染むのが難しくなり

時期を間違えてしまうと枯れてしまう

そんなようなことが書いてありました

 

しかし最近では高齢の方でも

引っ越したと言う話はよく聞きます

数十年前とは事情が違うので

上記のようなことも当てはまる人と

当てはまらない人がいると思います

 

身近な知り合いでもおりますが

想像以上に順応して

穏やかに生活しています 

引っ越し前の生活環境が

あまり良くなかったこともありますが

 

年寄りだからとひとくくりに考えるより

個人の向き不向きや

健康状態、周囲の人間関係の状況を

考えた方が良いのかもしれません

 

私の場合ですが

今までを振り返ってみると

計画的に引っ越したと言うより

突然決まることが多い気がします

 

先行きの事は分かりませんが

今いるところから移動すると言うのは

エネルギーが要るものです

 

チャンスの神様は前髪しかないといいます

(ポジティブな理由で引っ越すとは限らないですが)

 

ここぞと言う時を逃さないためにも

体力やら知恵やら金銭的なこともふくめ

できることからで良いので

日ごろから力をつけたいです

 

f:id:kooritokka:20210709123507j:image

広い縁側のある家っていいですね

最後までお読みいただきありがとうございました

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 

 

 

人の要求はどこまでのんだらいいのか

こんにちはこーりです

若い時は仕事でクレームを受けたとき

どこまでその要求をのめばいいのかという

線引きがよくわからず悩んでいた時がありました 

全てのんで相手に大満足してもらわないといけないのだろうか?と思ったり、

でもそんなのきりがないよねと思ったり

 

今の考えとしては

ケースバイケースであり、対処できるところは対処して、

すべての要求をのむ必要はなく要求をのめなかったとしても

説明して納得してもらえたら

対応としては成功したと言うことでしょう

 

仕事の場合は上の人間に

最終的な決定は委ねるので良いのですが

生きていれば

自分で線引きをすることはありますよね

 

以下、へなちょこ新社会人だったころの

話になります

 

人間関係に境界線を引けなかったあの頃

 

20代前半のまだ人間関係の線引き

と言うような考えが頭にない頃

 

同僚でやたら要求の多い人がいました

年も近かったせいか

私のやることや言動に何かと難癖をつけてきます 

 

私もそれがうっとうしかったので

なんとなく距離を置くようになったのですが

距離を置かれるのも気に入らないらしく

皮肉や捨て台詞をはいていくのです 

 

そして

その人は仕事も面倒な事は避けがちでありました

なので同じ部署の人からは

仕事ができないとみられていました 

私には評価など気にしないと言っていましたが

ほんとうは気にしていたのではないかと思います

 

私に文句や不平不満をよく行ってきたのですが

その人としては

 

私には

その人の気に入るように行動してほしい

そして仲良くふるまってほしい

 

面倒な仕事はしたくないけれども

他の人より評価されたい 

しかし本人が変わろうとする行動は無い

 

そんな言動や態度をとってくるのです

 

どう考えても夢のような願望です

現実よ変われといっても無理があります 

 

恋人ではないので

若干違うかもしれませんが本の中にこんないち文がありました

 

大人になっても幼児をあやす母親の役割を恋人に求める。すべてに賛成し、全てを絶賛する母親の役割を恋人に求める

真面目なのに生きるのが辛い人 加藤諦三

 

しかし、現実にはそのような役割を果たせる恋人はまずいない。恋人から期待した反応が返ってこないから、彼はいつも傷つく。そして恋人を憎むようになる

 

私はその人と話をしていると

この人のカウンセラーでもお母さんでもないんだけどな

と思うことがありました

※私はただの同僚であってその人の

精神的なケアや支える立場ではないと言う意味です

 

今思うと

その人もそういう態度をとる相手は

選んでいたと思うので

 

自分で責任を持って

これ以上あなたに

私のことをあれこれ言わせませんよ

と線をひけない

私の甘さや依存心、

自立心のなさを見抜いていたのかもしれません

 

今思うと職場で

仕事以外のことにエネルギーをさいてしまったようで

もったいなかったです

 

自分で引き受けて自分で決める

 

人は人、自分は自分であり

その人とどのぐらい関わるかは自分が決めて

自分が責任を持つ

 

その後の相手の反応は相手の問題

 

こういうことをわかってくるのは

一般的にいくつぐらいなのでしょうか

そんなの物心ついたころから

当たり前だろうと思う人もいれば

自分も全然知らなかったという人も

いるのではないでしょうか

 

友人で、10代の時から

人との関係に明るい感じでびしっと線を引くのが 

うまいなと思う子がいました

環境か、もともとの資質かは分かりません

年齢は関係ないかもしれません

 

社会人になって働くにあたって

早めに知れたらよかったなと思いました

 

f:id:kooritokka:20210706153432j:image

人の期待など知ったことかといった感じの猫

それで良い気がします

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村